GSシステム

GSシステムとは

GSシステム

GS(ガードマンシグナル)システムとは、警備員(GS検定保有者)と無線制御式工事用信号機の組合せによる、従来になかった新交通誘導システムです。
当システムは、さまざまなメリットと高い安全性を併せ持つシステムです。

GSシステム使用例1

■片側交互通行の場合

GSシステム通常2名で行う交通誘導ですが、「GSシステム」を使うと、親機が電波で子機を制御します。制御方法は「自動」か「手動」を選択し、作業状況や道路の状態に合った方法で使用できます。
例えば、上下車線の交通量や一般信号機に合わせた交通誘導をする場合は、「GSシステム」を手動に切り替えて、的確に誘導をすることができます。
また、一時的に作業が中断した場合には自動に切り替えます。緊急時には、誘導員が手動に切り替え、親と子の信号を「赤」にすることができるので安心です。

※自動制御から手動制御に切り替えた時、信号の色は安全のため一時「赤」・「赤」になります。

GSシステム使用例2

■T字路や三叉路の場合

GSシステム通常3名で行う交通誘導ですが、2名の警備員の代わりに「GSシステム」が誘導を行います。
親・子の「GSシステム」が「赤」の信号に変わり、車両が停止したことを確認したら、警備員側の車両を進行または停止の合図を出します。
2名の警備員の代わりに「GSシステム」を設置することで、現場での経費を大幅に削減することができ、合理化を実現する上で大きな役割を果たすでしょう。
警備員2名分の経費の削減効果が期待できます。
※但し、交通量等の状況に応じては適用できない現場があります。

ガードマン操作式現場信号機システム(GSシステム)のご案内

皆様方に置かれましては、国策である、公共事業の削減により、経営環境の厳しさは日々増大し、経営努力も極限を超えた感もあり、日ごろのご奮闘、ご努力ご推察申し上げます。
現場費用削減の切り札ともいえる、システムのご提案をさせていただきたく、ご案内をさせていただきます。公共事業削減の上、安全対策及び近隣対策に対する企業努力の要求は、発注者はもとより一般市民の間にも増大しているのが現状です。

ご案内するGSシステムは、この高いハードルをクリアすることができる最大で唯一のシステムと確信しています。

メリット

  1. 通常ガードマン2名対応の現場を、ガードマン1名と操作式信号機1セットで対応し3人分の仕事が可能です。料金はガードマン2名分より安く設定。3人分の仕事が2名分未満で可能。
  2. ガードマンが交通の流れや現場状況を把握した上で、リモコン操作により信号を切り替えるシステムなので、無駄な交通渋滞を解消することが可能です。
    待ち時間を極力省くことにより、運転者のいらいら防止、近隣の交通障害の防止、アイドリング時間の減少による環境負荷の軽減および小資源など地球に優しい社会作りに寄与する事が出来ます。
  3. 操作するガードマンは、教育訓練及び技術研修を受け、社内検定に合格したガードマンのみに限定しますので、安心、安全はもとより、社会的意義を十分に踏まえ、よりいっそうの社会貢献が可能となります。
    交通誘導員の社会的地位向上により、雇用の創出、安定も見込まれます。

ご発注元、各警察署に対するご説明も必要であればさせていただいております。

*現場の状況でGSシステムが適さない場合もありますが通常の誘導も含めた中でのご提案ですので、交通誘導員が必要な際は是非ご検討、ご連絡下さい。

業務内容・実績

旧水上町 道路改良
消雪工事実績

研修風景研修風景

沼田市 国道291号 下水道工事

研修風景研修風景

沼田市 国道120号 歩道改修工事

研修風景研修風景

旧利根町 国道120号 橋梁補修工事

研修風景研修風景